障がい者のための障害年金セミナー【新規立ち上げ手法大公開】オンライン配信

 

こんにちは!船井総研の山本です。

2020年4月11日(土)-18日(土)に障害年金セミナーを開催しました。

 

 

新型コロナウイルスの感染拡大のため

今回は五反田オフィスにて開催。

 

窓を開けて換気をしたため少し寒い環境での配信でした。

 

 

▲当日は3名体制で配信

 

 

▲Zoomを活用して配信

 

 

 

第一講座

第一講座は私より「社労士業界と全国の障害年金専門事務所の現状と今後」と題しまして

①なぜ今、障害年金なのか?

②障がい者をとりまく環境

③社労士事務所が障害年金の事業を行うためには

この3点をお伝えしました。

 

▲2020年4月に社長が変わりました

 

▲船井総合研究所 創業者 舩井幸雄の考え

(船井じゃなくて舩井なんですよ)

 

ビジネスと捉えたときの障害年金の特徴

 

▲障がい者をとりまく環境のテキスト一部

 

▲障害年金のリード事務所様の数字

 

 

▲ゲスト講師に届いたお客様からの手紙

 

 

第二講座

第二講座では「地方商圏で開業間もない未経験社労士が年間依頼件数50件以上を達成した方法」と題しまして

きよたか労務管理office 代表 伊藤 斉毅 先生にご講演をいただきました!

 

①開業から新規依頼数50件を超えた方法とは?

②全国トップクラスの受任率89%を誇る秘訣

③製造業(家業)と並行しながら効率よく申請する方法

などをお伝えいただきました。

 

▲事務所紹介

 

▲初めて依頼を受けた障害年金のエピソード

 

▲TTPは大分の大先生が言い出した言葉で一時期社労士研で非常に使われていたようです

 

▲実務のお話もしていただきました

 

▲申請の流れに沿って使用しているツールの紹介

 

▲やはりツールがあると効率的に進みますね!

 

▲最後に伊藤先生から今後のビジョンをお話いただきました

 

 

第三講座

第三講座では「全国の障害年金事務所における取り組み大公開」と題しまして

株式会社 船井総合研究所 松山未来より下記3点をお伝えしました。

 

①きよたか労務管理office様の取り組みを徹底解説!

②新規参入続出!全国各地の事例公開!

③明日から実践できる!障害年金マーケティング

 

▲第三講座でお伝えした内容

 

▲マーケティングについて

 

▲集客のメインであるホームページについて

 

▲紙媒体集客について

 

▲MEO対策について

 

▲就労移行支援事業所への訪問

 

第四講座

「明日から実行頂くためのポイント」と題しまして

株式会社 船井総合研究所 村上勝彦よりお送りしました。

 

▲我々が目指すもの

 

▲マーケットとしてとらえた障害年金の3つのポイント

 

▲まとめ

 

 

 

最後に

▲トラブルもなく配信が終了!

 

 

次回は2020年6月19日(金),7月11日(土)に配信予定です!

>>詳しくはこちらをご覧ください

(クリックで専用ページに飛びます)

 

以上です。ここまでありがとうございました!

【お知らせ】新型コロナウイルス対策緊急レポートを作成しました

 

 

新型コロナウイルス感染症に罹患された皆さま、

および関係者の皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、

1日も早い収束を心よりお祈り申し上げます。

 

先日、全国に緊急事態宣言が政府より発令されました。

これまで以上の、人身に対する危険を回避することを目的とし、

様々な社会・経済活動の制限が、より強く要請される事となります。

 

船井総研では全国に緊急事態宣言が発令した今こそ、

障害年金事務所様の経営にご参考にしていただきたく、緊急レポートを作成致しました。

 

レポートの内容

★障害年金事務所の現在の状況

★障害年金事務所における感染予防対策

★新型コロナウイルス流行期間中の問い合わせ・面談の対応

▲レポートの中身 読みやすいように13ページで納めてます

 

 

レポートのダウンロード方法

①下記をクリック

>>レポートダウンロードはこちら

(クリックで船井総研 社労士事務所様向けHPに飛びます)

 

②「レポートはこちら」をクリック

 

③下記、必要事項をご入力の上「確認」を押してください

 

 

 

 

障害年金事務所版 新型コロナウイルスセミナー(無料)について

併せまして、障害年金事務所との関与を通じて船井総研が捉えた新型コロナウイルス対応の今を、

無料オンラインセミナーで発信させていただきます。

本セミナーを機に、事務所としての新型コロナウイルス対策に少しでもお役に立てますと幸いです。

 

>>詳細・お申込みページはこちらから

(クリックで船井総研HPに飛びます)

【本Webセミナーでお伝えすること】

・障害年金事務所における新型コロナウイルス対策

・障害年金事務所のリモートワークに関する先行事例

・今、使用すべきデジタルツールの活用事例

・障害年金事務所が活用できる助成金・給付金 等

 

講座はZoomを活用してオンラインで配信をいたします。

 

セミナーの一部紹介

▲面談を行ている事務所様の実際の様子

 

▲テレビ会議システムを活用した面談の方法・HPの告知方法

 

▲Zoomの操作方法マニュアルのご紹介

 

▲契約書の見直し(合わないで受任する場合が増えるため解除や個人情報の扱い等を追記)

 

▲障害年金事務所のデジタルシフト

 

 

社労士・障害年金事務所におけるコロナ対策の先行事例まで、 60分間の無料Webセミナーの中でお伝えいたします。

 

開催概要

【webセミナー】社労士・障害年金事務所向け緊急コロナ対策セミナー

開催日時:

2020年5月10日(日) 13:00-14:00

2020年5月14日(木) 13:00-14:00

当日はZoomを利用し、オンライン開催させていただきます!

 

セミナー申し込み方法

①下記をクリック

>>詳細・お申込みページはこちらから

(クリックで船井総研HPに飛びます)

②希望日の「申し込む」をクリック

③マイページよりログインしてください

※初めての方は下の新規登録を押してください

 

無料ですのでご参加お待ちしています!!

以上です。ここまでありがとうございました!!

 

 

 

 

社労士事務所経営研究会 障害年金分科会 2020年2月@東京

こんにちは!船井総研の山本です。

2020年2月14日(金)に障害年金分科会を開催しました!

 

今回は初めての平日開催!

障害年金分科会に出席されている会員様は女性が多く、働くママさんが多いです。

「スタッフさんを参加させたいけど土曜日は・・・」

「なかなか平日に振替休日が取れない・・・」

という声もあり、今年は金曜日と土曜日に開催することになりました。

(月によって金曜日であったり土曜日であったり・・・という形です)

 

 

第一講座

今回は「社労士が抑えておくべき障がい者を取り巻く社会保障制度」と題して

船井総合研究所 地域包括ケア支援部 中谷 文哉よりお伝えいたしました。

 

 

①障がい福祉サービスの全体像

②障がい者雇用

③障がい福祉業界の課題

④障がい者の生活

⑤障がい福祉×社労士の連携

などをお伝えしました。

 

▲テキストの一部

 

※会員サイトにテキストと動画をアップしておりますのでご確認ください!

 

休憩時間

今年から障害年金チームに配属した

小泉より、ご挨拶をさせていただきました。

(ちなみに私が新入社員のときに着ていたスーツを着ています 笑)

 

第二講座

第二講座は3グループに分かれてディスカッションを行いました。

 

①ルーキーグループ

弊社コンサルタントになんでも質問ができるマーケティングの相談会です。

HPや紙媒体、病院開拓など幅広い知識でお答えをいたします。

船井総研担当者:松山未来

②ベテラングループA

横田先生がオブザーバーで参加されます。横田先生に質問をすることが可能です。

オブザーバー:元年金機構職員 横田年金社労士事務所 横田眞治先生

船井総研担当者:髙橋秀明

③ベテラングループB

会員様同士の自由な情報交換です。

3年以上の障害年金の実務経験があるもしくは月8件以上申請をしている事務所

参加事務所様は全員に事例を発表していただきます。

 

①ルーキーグループ

前半は弊社の松山より

はじめてのWEBマーケティング講座と初心者グループの情報交換会を開催しました。

 

▲ルーキーグループのテキストの一部

 

▲障害年金を始めたかりということで、皆様から事前に質問を頂き、当日お答えをいたしました。

 

②ベテラングループA

横田先生にご参加をいただきマーケティングと事例のディスカッションを行いました。

▲今回はマーケティングについても触れました

 

後半は①ルーキーグループと合流をし横田先生にご回答をいただきました。

 

 

③ベテラングループB

少人数でディスカッションを行いました。

今回は1人1事例を発表していただきフリートークメインで進めていきました。

 

▲少人数制にしたことにより、より深いディスカッションができたようです!

 

第三講座

第三講座では私より「最新マーケティング成功事例・失敗事例」と

「マーケティング事例のディスカッション」を行いました。

▲第三講座の様子

 

最初に各グループの情報交換会の内容を発表していただき

その後、事例の情報交換を行いました。

 

 

今回も実際の取り組みをお伝えいたしました。

▲特別支援学校でのテキストの一部

 

▲ヒアリングシート

 

次回は2020年4月4日(土)です!

新型コロナウイルスの影響でオンライン開催になりましたがその様子をお伝えいたします。

 

ここまでありがとうございました!

障害年金分科会オンライン開催になります

こんにちは!船井総研の山本です。

 

新型コロナウイルスの感染防止のため

障害年金分科会はオンラインでの開催になります。

 

今回はその撮影をしました!

 

▲実務相談 撮影の様子

 

▲横田先生の口座

 

▲障害年金分科会4月例会 ゲスト講座 撮影の様子

 

ぜひ配信を楽しみにしててください!

以上です。ここまでありがとうございました!

 

社労士事務所経営研究会 障害年金分科会 2019年11月総会 懇親会@東京

 

こんにちは!船井総研の山本です。

2019年11月23日(土)に障害年金分科会を開催しました!

 

今回は懇親会の様子をお伝えします。

 

 

2019年最初で最後!?の懇親会を開催しました!

(普段は、会員様が有志で開いてくださっています^^)

 

 

今回は約30名の会員様にご参加いただきました!

 

オブザーバーの横田先生にもご参加いただきました!

 

 

 

このように、例会とは別にゆっくりお話できる場があるのがいいですね!

 

 

▲なぜか半目率が高い写真

 

今回で富澤が最後のため、2次会まで開催しました!笑

 

▲山崎先生と弊社富澤

 

参加いただいた皆様ありがとうございました!

以上です。ここまでありがとうございました!

 

社労士事務所経営研究会 障害年金分科会 2019年11月総会 表彰式@東京

 

こんにちは!船井総研の山本です。

2019年11月23日(土)に障害年金分科会を開催しました!

 

今回は後半の表彰式についてお伝えします。

 

 

障害年金分科会では、例会の最後に表彰式を開催しております。

 

障害年金分科会は全国の数多くの先生方が集まり、

「師と友づくり」の場にして行きたいと考えています。

「素直」「プラス発想」「勉強好き」

この考え方に基づき、例会への情報発信や多くの先生方へ影響を与えてくださった事務所様を表彰させていただきます。

 

今回の表彰項目はこちら。

(たくさんあるので、ざっと流してください)

 

①皆勤賞
全例会にご参加いただいた事務所様

②年金事務所に沢山通ったで賞
この賞は約1年間どの事務所様より
年金事務所に通われて、多くの相談者をサポートされた事務所様にお送りする賞です。

③即時処理大賞
この賞は誰よりも早く出欠アンケートをお送りいただいた船井流即時処理を実践された
事務所様にお送りする賞です

④顧客継続サポート大賞
この賞は最も多くの更新申請を行ない受給者の継続的なサポートを行った事務所様にお送りする賞です

⑤情報発信大賞
この賞は障害年金分科会の情報交換会において
他事務所の参考となる多くの情報を発信された
事務所様にお送りする賞です

⑥ベスト事例大賞
この賞は障害年金分科会事例ダウンロードシステムにおいて最も他事務所の参考となる事例を
提出された事務所様にお送りする賞です

⑦業績アップ大賞
この賞は障害年金分科会の中で
障害年金を始められて1年以下の方の中から
最も業績をあげられた事務所様にお送りする賞です

⑧障害年金受給サポート大賞
この賞は2019年で受給決定数100件を超えた事務所様にお送りする賞です

⑨MVP賞
今年度、最も会員様に支持された
事務所様に送られる賞です

 

皆勤賞

今回は18事務所様にお送りしました!日本全国からご参加いただき、非常に嬉しく思います!

一番遠くからご参加いただいた瀬尾先生に代表して表彰させていただきました。

▲瀬尾先生 (`・ω・´)キリッ

 

▲表彰の様子

 

▲一言コメントをいただきました

 

▲ご参加ありがとうございました!

 

年金事務所に沢山通ったで賞

この賞は約1年間どの事務所様より
年金事務所に通われて、多くの相談者をサポートされた事務所様にお送りする賞です。

今回は170回通われた日本障害年金研究所様にお贈りしました!

▲レットカーペットを歩く渡辺先生

 

▲一言コメントをいただきました

 

 

▲おめでとうございます!

 

 

即時処理大賞

この賞は誰よりも早く出欠アンケートをお送りいただいた船井流即時処理を実践された
事務所様にお送りする賞です。

※即時処理とは船井総研のクレド中にある行動指針です

 

今回は上島社会保険労務士事務所様にお贈りしました!

▲誰よりも早く出欠・事例のご回答をいただいた上島先生です^^

 

▲事務局の木下よりお渡ししました

 

 

▲上島先生から一言いただきました

 

▲おめでとうございます!

 

顧客継続サポート大賞

この賞は最も多くの更新申請を行ない受給者の継続的なサポートを行った事務所様にお送りする賞です。

こちらも日本障害年金研究所様にお贈りしました!

 

▲集計期間内に62件の更新サポートをされました

 

▲弊社の松山より一言

 

▲渡辺先生より一言いただきました

 

▲おめでとうございます!

 

 

情報発信大賞

この賞は障害年金分科会の情報交換会において他事務所の参考となる多くの情報を発信された事務所様にお送りする賞です。

今回は田村社会保険労務士事務所様にお贈りしました!

▲田村先生

 

 

▲弊社 芝原より一言

▲田村先生は情報交換会で沢山の事例を発表していただきました

 

▲田村先生より一言いただきました

 

 

ベスト事例大賞

この賞は障害年金分科会事例ダウンロードシステムにおいて最も他事務所の参考となる事例を提出された事務所様にお送りする賞です。

今回はふく社労士事務所様にお贈りしました!

 

障害年金分科会の会員様特典として障害年金の申請資料が閲覧できるシステムがあります。

(事例数は2019年12月時点で約400件ほどあります)

福先生がアップしてくださったうつ病の事例は集計期間で52回閲覧されておりました。

 

 

▲福先生より一言いただきました

 

▲いちなみに受賞者には事前告知は一切しておりません 笑

 

▲おめでとうございます!

 

 

業績アップ大賞

この賞は障害年金分科会の中で障害年金を始められて1年以下の方の中から最も業績をあげられた事務所様にお送りする賞です。

今回は社会保険労務士法人 あいパートナーズ様にお贈りしました!

▲写真から逃げる岩本先生をパシャリ

 

▲初めてのツーショットですね!嬉しいです!

 

 

障害年金受給サポート大賞

この賞は2019年で受給決定数100件を超えた事務所様にお送りする賞です。

今回は京都駅前社会保険労務士法人様、社会保険労務士法人 日本障害年金研究所様にお送りしました!

 

▲弊社 富澤より表彰させていただきました

 

▲舩田先生

 

2019年の実績(1月~10月)総受任件数は184件

うち、医療機関からのご紹介が36件

就労支援施設などの障害者施設からのご紹介が23件でした。

 

しっかり受給サポートをしてくださる舩田先生だからこそ、

これだけご紹介があるのだなあ・・・と感服いたしました。

 

▲舩田先生より一言いただきました

 

 

▲渡辺先生

2019年の実績(1月~10月)総受任件数は225件

うち、就労支援施設などの障害者施設からのご紹介が51件でした。

 

 

▲渡辺先生・舩田先生 おめでとうございます!

 

 

MVP賞

今年度、最も会員様に支持された事務所様にお贈りする賞です。

会員様の投票より決定いたしました。

 

▲今年度は京都駅前社会保険労務士法人様でした

 

▲弊社 富澤より一言

 

会員様からいただいたお声を一部紹介します!

・ホームページの事例の内容がどれも参考になります。

・チャットワークで質問させていただいた際に適格なご意見を頂戴し、非常に助かったため。

・医療機関から信頼を得て多くの案件を受任されており素晴らしいと思います。

・さまざまなロジックにより難解な案件を受給につなげられていると思います。

 

▲舩田先生より一言いただきました

 

▲おめでとうございます!

 

 

2020年の表彰項目は下記です。

 

この賞を目指したい!という目標になれば嬉しいですね^^

 

以上です!ここまでありがとうございました!

社労士事務所経営研究会 障害年金分科会 2019年11月総会@東京

こんにちは!船井総研の山本です。

2019年11月23日(土)に障害年金分科会を開催しました!

 

▲今回の講座構成

 

前回の例会が台風の影響でオンライン配信になってしまたっため、

10月例会にいただいた事例で情報交換会を開催しました。

 

第一講座

第一講座は株式会社 船井総合研究所 士業支援部 芝原大寛より

「障害年金事業の時流予測と経営実態調査の報告」をお伝えしました。

 

 

皆様からご回答いただいたアンケートをもとに障害年金事業における、

今後の時流予測と事務所経営の実態を報告をお伝えしました!

 

2019年における数字をランキングで発表しました!

月間売上ランキング
月間反響数(問い合わせ数)ランキング
月間面談ランキング
月間受任ランキング
月間請求数(申請数)ランキング
月間受給決定数月間請求数

 

問い合わせが多い事務所様は1カ月間で94件きていますね!

ちなみに新規の方の問い合わせですので重複はカウントしておりません。

 

データを分析したところ

障害年金の経験年数と受任数に相関関係はなく

広告費用と受任数に相関関係がありました。

(広告を出したら問い合わせが増える→よって受任が増える という簡単なお話です)

 

うちの事務所はどうだろう?と、ぜひ比較してみてください^^

 

 

第二講座

 

第二講座は

「優秀な人財の採用で障害年金事業を”促進”させる採用活動の時流と士業事務所の「採用最新事例」大公開」と題しまして株式会社 船井総合研究所 HRD支援本部 髙橋 秀明よりお送りしました。

 

 

・採用市場で起きている変化

・採用に失敗している事務所の特徴

・これからの時代に必要とされる採用活動

をお伝えしました。

 

第三講座

第三講座はオブザーバーの横田先生をお招きし、情報交換会を開催しました。

 

 

事前に皆様からいただいたご質問にご回答をいただきました!

 

▲講座の様子

 

▲講座の間に松山よりご案内

 

さいごに

最後に、富澤が部署移動とのことで、皆様にご挨拶をさせていただきました!

 

▲メガネを変えてイメチェンした富澤さん

 

 

次は表彰式についてお伝えします!

 

 

ここまでありがとうございました!

 

障害年金実務研修2019冬を開催しました

こんにちは!船井総研の山本です。

以前ご案内していた2019年11月22日(金)に舩田先生による障害年金の実務研修を開催しました!

 

▲講座の様子

 

今回のテーマはこちらです!

①統合失調症 統合失調症で社会的治癒が認められたケース

②持続性気分障害 不当な社会的治癒の適用を退けたケース

③腎不全 30年以上前の初診日を証明したケース

④両肺難治性気胸 検査数値に異常がなくても認められたケース

⑤外傷による症候性てんかん、バリント症候群 不支給から再度認定日請求して認められたケース

⑥頸椎捻挫・頸椎損傷による四肢麻痺 複数障害混在のため審査不能とされていたケース

⑦遺伝性びまん性白質脳症に伴う若年性認知症 受給開始から数年後に別の病名で額改定できたケース

 

 

 

今回は舩田先生より事例のご発表をいただき

その後ディスカッションを行うという講座の進め方でした。

 

 

私も後ろで聞いておりましたが、、、、非常に勉強になります。

なぜ不支給になったのか?どんな資料を提出したら証明できるのか?というロジックベースでお話をいただきました。

 

 

 

参加者の声

その事例も興味深く同じような案件を受けた時に参考にさせて頂きたいと思う資料が沢山ありました。

 

とてもいい勉強になりました。特に、気胸=呼吸器の診断書ではなく、その他を使用する事例におどろきました。現在、心疾患で同じような案件を審査請求しているのですが、もし裁定請求をやり直す時にはその他でやってみたいと思います。

 

様々なケースで自分なりに悩みながら行ってきたが、舩田先生も同じとわかり安心した。

ただ舩田先生は、より病院に深く関与しているので、とても参考になった。

いろいろな事例でとても興味深く参考になりました。

補足でいろいろ情報もいただけて勉強になりました。

 

請求結果までの思考プロセスが参考になりました。

又、経験年数の差を体感し、追いつける様頑張らねばと思いました。

 

 

 

最後にご案内

参加できなかったよ・・・!という方向けにDVD販売します!

(ただし、会員様限定です><)

 

今回はDVDの構成にも非常にこだわりました。

下記のように、テキストを掲載し、どこの話をしているか分かるようにしています。

 

また、テーマや質問内容が分かるよう見出しも設定しています。

 

実際にあったご質問が下記です。(沢山あります)

 

質問内容

・これまでの経験の中で、他に社会的治癒を適応した事例はあります

・社会的治癒を適応させられそうになったケースはありますか?

・内科から精神科の受診を進められた場合は初診日はどちらになりますか?

・内科で初診日が認められないケースはどのようなものですか?

・内科医で服薬がない場合は初診日はいつですか?

・診断書は医師以外触ってはいけないと思っていたのですがどうでしょうか?

・医師にお渡しする資料はどんな資料をお渡ししていますか?

・医療機関との連携するために、こまめに病院に行っていますか?

・医師に障害年金の結果報告はしていますか?

・診断書を書いた医師や受診状況等証明書だけ書いた医師にも報告はしていないのですか?

・病歴状況等申立書を書くときに気を付けたほうがいいということでしょうか?

・肢体障害で変な審査はありますか?

・パーキンソン病でONとOFFの時間帯を記載すべきでしょうか?

・肢体障害の更新は等級が上がりにくいと思いますがいかがでしょうか?

 

ディスカッションになったテーマ

・網膜色素変性症で社会的治癒が適応されたケース

・社会的治癒を適応されて覆さなかったケース

・パーキンソン病で額改定請求をしたケース

・重症筋無力症で支給停止になったケース

・診断書を依頼する際に病歴状況等申立書を添付を希望する医師について

・ギランバレー症候群で認定日請求について

・障害共済年金(国家公務員共済)のケース

・人格障害で申請したケース

 

詳しくは下記をご覧ください!

こちら

以上です。ここまでありがとうございました!

障害年金の動画を作成しました

 

こんにちは!船井総研の山本です。

障害年金を分かりやすく伝えたい!ということで障害年金の説明動画を作成しました。

まずはこちらの動画をご覧ください。

 

 

今回はどのように動画を作成したのか、ザックリご紹介いたします。

 

①原稿の作成

まずは、どのような動画の流れになるのか原稿を作成します。

今回はエクセルを活用し、中身を詰めていきました。

どのような画面の時にどのようなナレーションがつくのか、など細かく決めています。

 

 

②ラフを作成

パワーポイントでどのような画面にするのがラフを作成していきます。

 

 

メンバーがこんな感じで作成してくれました!

 

 

③クリエーターに発注

 

今回はランサーズを活用し、動画のクリエーターとナレーターさんに発注しました。

 

④HPに掲載

動画はSEO対策にもなりますのでHPに掲載しました^^

 

 

今後は、勉強会の前に動画を流したり

youtubeの動画広告で配信したりしたいと思います!

 

以上です。

ここまでありがとうございました!

 

社労士事務所経営研究会 障害年金分科会 2019年8月例会@東京

 

こんにちは!船井総研の山本です。

2019年8月経営戦略セミナー2019研究会全国大会を開催いたしました!

 

経営戦略セミナー2019研究会全国大会とは・・・・

船井総合研究所は『明日のグレートカンパニーを創る』をミッションに掲げ、ご支援先の企業に対してコンサルティングサービスを提供しております。グレートカンパニーとは、社会的価値の高い「理念」のもと、その「企業らしさ」を感じさせる独特のビジネスモデルを磨き上げ、その結果、持続的成長を続ける会社のことです。そして、社員も顧客も誇りを持つような独特のカルチャーが形成されている企業を、グレートカンパニーと定義します。

本セミナーは当社の勉強会組織(経営研究会/全137種)に属する全ての会員様に向けて、中小企業の経営方針を発表する場です。業界の範囲を超えた視点から今後の時流を説き、この先3年の経営方針をお伝えします。

セミナー2日目には、一般財団法人 船井財団主催『グレートカンパニーアワード2019』の授賞式を行います。9,000社を超える選考対象から選出された優良モデル企業の取り組みは、自社の進むべき方向を見出すきっかけとなります。

当日は、全国の経営者が一堂に会する経営ビジョン共有の場となります。また、日本を代表する総勢50名以上の現役経営トップ・幹部が講師として登壇する貴重な機会です。2018年度は3日間合計で延べ5,696名にご参加いただきました。本年も8月初旬の時点で、すでに6,400名を超えるお申込みをいただいています。

 

今回は

2019年8月21日(水) 13:00~17:30 他の研究会/セミナー講座

2019年8月22日(木)  9:45~20:00  メイン講座・授賞式・懇親パーティ

2019年8月23日(金)  8:30~13:00  社労士事務所経営研究会障害年金分科会

というスケジュールで開催しました!

 

講座内容

 

第1講座

第1講座は「研究会全国の振り返り」と「障害年金事業の時流予測と経営実態調査の報告」を弊社の芝原よりお送りしました。

 

▲講座の様子

 

▲テキストの一部

 

皆様からご回答いただいたアンケートをもとに
今後の時流予測と障害年金事業の実態をご報告致しました。

▲メイン講座の感想をお伺いいしました(福先生)

 

▲瀬尾先生

 

▲岩本先生

 

▲弊社 芝原

 

 

 

第2講座

 

第2講座は弊社の松山よりお送りしました。

 

▲第2講の目次

松山からは「明日から実践できる受任力UP講座」と題しまして

簡単な講座紹介:皆様の事例をもとに受任で工夫している点やツール、
面談時間短縮のための工夫点などをお伝えしました。

 

▲講座の様子

 

▲テキストの一部

会員の皆様からいただいたアンケートをもとに作成。

 

▲指棒使って説明中(^^)

 

講座の最後にはシェアタイムを設けました。

 

今回は弊社のカメラマンさんに沢山撮影していただきましたので

写真をいっぱいアップいたします!

 

 

第3講座

「今すぐ使える!障害年金面談ツール30連発」と題しまして私よりお送りしました。

会員の皆様からヒアリングをし、面談時に活用しているツールをご紹介しました!

 

▲講座の様子

 

▲テキストの一部

 

▲ちなみにこの馬の壁紙は、私の実家の窓からの景色です

講座の中で一番反応がよかったかもしれないです(笑)

 

 

次回は2019年10月例会です!

以上です。ここまでありがとうございました!