お久しぶりです

こんにちは!船井総研の山本です。

一度閉鎖を決めたブログでしたが、、、、継続することになりました。

皆様からの温かいコメントありがとうございました。

ブログの価値を認められたようで、すごくうれしかったです。

 

本当は沢山お伝えしたいことがあるのですが

どうしても優先順位が下がり・・・更新ができず・・・という状態になっていたので

今後は予約投稿を活用してブログを更新していきたいと思います。

 

今後ともよろしくお願いいたします!

【情熱会員インタビュー】社労士法人九州人事マネジメント様

 

111

 

村上(インタビュアー):

事務所の概要を教えていただけますでしょうか?

三原先生

福岡県北九州市にある事務所で、現在10名体制です。今年7年目に入ったところです。

村上(インタビュアー):

事務所の特徴としては医療、介護、福祉に強いという点ですよね?

三原先生

はい、そうですね。よくわかりますね(笑)

村上(インタビュアー)

貴事務所のHPを見れば大体わかります。医療介護福祉といった業種に関する情報が満載ですね。その辺は意識をされているのでしょうか?

三原先生

そうですね。現在顧問先は100社程度ですが、そのうち60%が医療系の顧問先です。

村上(インタビュアー):

60%とは凄いですね。内訳はどの様な感じでしょうか?

三原先生

大きく分けて病院とクリニックに分かれます。

病院は人事制度構築を中心としたコンサルからのアドバイザリー顧問、クリニックは手続きや給与計算も含めたアウトソーシング顧問となります。

村上(インタビュアー):

なるほど、クリニックを顧問に持つというのは良く聞きますが、病院の人事制度に強みを持つ事務所は非常に珍しいですね。

:三原先生

そうですね。もともと私の前職が病院を含む医療関係に強い会計系のコンサル会社だったので、その辺の経験値や人脈が多かったのがきっかけです。

村上(インタビュアー):

病院の人事制度となると、非常に専門性の高い業務ですね。

三原先生

そうですね。うちの事務所は10名中6名が社労士という構成になっており、より専門性の高い業務を強みとしています。

村上(インタビュアー):

客単価はどのくらいでしょうか?

三原先生

コンサル案件になると50万~500万くらいでしょうか。

規模によりますので500万というのは本当に少なく、ボリュームゾーンは30名で100名という辺りかと思います。

村上(インタビュアー):

それは高生産性ですね。

三原先生

確かにそうなのですが、その方向も段々と見直しが必要になってきたと最近考えています。

村上(インタビュアー):

と、言いますと?

三原先生

コンサル案件は私だけや少人数にやっている時には確かに生産性が高いのですが、事務所規模が大きくなるにつれてどんどん低くなってきます。

高生産性案件に対応できる人材育成がネックになってきますから。

村上(インタビュアー):

その課題を踏まえて今後はどの様な方向性を考えているのですか?

三原先生

良く船井総研さんがおっしゃるように、業種特化やサービスのパッケージ化が重要になると考えています。専門性の高い仕事をあれこれ何でもやって行くというのは現実的には難しいですから。今後は高付加価値の仕事が出来るという強みを持ちつつ、よりパッケージ化したサービスを展開することを考えています。

村上(インタビュアー):

なるほど、確かに高付加価値の追求と規模の拡大を両立するのはなかなか難しいですよね。

三原先生

幸い、当事務所には既に医療や介護福祉といった顧問先もたくさんありますし、昨今の助成金もコンサルに活用できるものもたくさんあります。それらを結びつけて更に成長をして行きたいと考えています。

村上(インタビュアー):

いいですね。まさに長所伸展の考え方ですね。

三原先生

更に言えば、事業を展開していくといかに業務を効率的にまわして行くかという業務オペレーションも重要だと感じています。

当事務所では1顧客1担当制というスタイルなので、社労士研の成長事務所さんがやっている様な、

1顧客複数担当制や業務別組織といった高い品質を高効率で運営していく組織体制も取り入れて行きたいです。

村上(インタビュアー):

そうですね。やはり事務所の生産性を上げていく取り組みとして業務オペレーションの見直しは必須かと思います。

ぜひ、社労士研の会員さんの事務所に視察に行って情報共有してみてはどうでしょう?

三原先生

はい、今後も視察には積極的に行きたいと思います。

村上(インタビュアー):

今後の成長が楽しみですね!

三原先生

はい、やることが多すぎて困ってしまいますね(笑) 今後ともよろしくお願いします。

 

 

2016年 助けられているクローム拡張機能

 

mail_woman

こんにちは!

船井総合研究所 山本千穂です。

 

昨年、苦し紛れで投稿した「2015年助けられたツール集」が意外にも見られており・・

「コレ使えるね」などお声をかけてもらうことも多く・・・・

 

ですので、今回は現在進行形で助けられているツールをご紹介したいと思います!

今回紹介するのは「Safety for Gmail」というものです。

 

 

Gmailの誤送信を防止するクロームの拡張機能です。

 

01

 

 

このように出ます↓

01

一斉送信をするときにアドレスに違うドメインのものが入っているとBccで送信しますか?と聞いてくれます。

 

 

社労士研関係で会員様に一斉メールを送ることが多いので

このツールを使って誤送信を防いでいます。

 

マイナンバーでセキュリティ対策が求められている今

このツールもぜひ導入してみてください!

 

 

以上です。

ここまでありがとうございました!

 

 

 

 

2016年真の障害者救済のための障害年金業務改革セミナー@仙台・福岡

こんにちは!

船井総合研究所 山本千穂です。

2016年3月26日に真の障害者救済のための障害年金業務改革セミナーを仙台・福岡会場で開催いたしました!

今回は仙台会場の様子をお伝えしたいと思います。

IMG_0010

第一講座は「社労士業界の現状と今後の展望」と題しまして、船井総合研究所 経営コンサルタント 沖山佑樹よりお送り致しました。

全国の社労士事務所の所長が抱えている悩みを紹介し、激動の社労士業界を乗り越えるためのポイントをお伝えいたしました。

IMG_0023

第二講座はDVDにて渡辺先生の障害年金の成功秘話をお伝えいたしました。

第三講座は「障害年金参入成功のための具体的手段とポイント」と題してまして山本・沖山よりお送りいたしました。

IMG_0018

講座の最後にはシェアのお時間を設け、学んだこと・気づいたことや事務所で実践したいと思ったことをグループの方々と共有していただきました。

第三講座では6つの段階に分けて、障害年金のポイントをお伝えいたしました。

(1)第一段階 専門特化HPの立ち上げ

(2)第二段階 紙媒体マーケティングによる集客強化

(3)第三段階 営業・手続きツールの整

(4)第四段階 組織化

(5)第五段階 適切な等級認定のための医療機関との協力体制構築

(6)第六段階 保険会社・各種患者会との連携による障害者サポート

という流れでご説明いたしました。

IMG_0028

第四講座は「本日のまとめ、明日から実践して頂きたいこと」と題しまして、沖山よりお送り致しました。

沖山からは、障害年金一番化モデル成功のポイントを7つにまとめお伝えいたしました。

参加された先生にとって、少しでもプラスになれば幸いです!

 

以上です!

ここまでありがとうございました。

 

2016年士業最新WEB戦略公開セミナー

こんにちは!

船井総合研究所 山本千穂です。

 

2016年4月13日 船井総合研究所 淀屋橋セミナープレイス

2016年4月14日 船井総合研究所 東京本社で

2016年士業最新WEB戦略公開セミナーを開催いたしました!

 

IMG_6320

今回のゲスト講師は、社会保険労務士 渡辺事務所の渡辺先生

ヤフー株式会社の平野様の2名をお招きいたしました!

 

今回は2016年士業最新WEB戦略公開セミナーの様子をお伝えいたします!

 

第一講座では社会保険労務士渡辺事務所代表 渡辺 洋介先生をお招きし

「WEB集客成功事例年間3,000万を生むWEB集客」と題しましてお伝えいたしました。

DSC02445

主にお伝えしたのはこの3つ。

01

 

渡辺先生の事務所では障害年金の問合せが毎月70件ほど来ますが、

ほとんどがウェブ経由での問合せになっています。

02

 

その中でウェブは何をしているのか・・・というのがコチラ

03

また、別の機会に詳細をお伝えしたいと思います!

 

その後グループごとにシェアを行いました

DSC02492

 

第二講座ではヤフー株式会社 平野 憲司 様にご公演をいただきました。

 

DSC02525

①Yahoo!の現況

②Yahoo!における士業の現状

③Yahoo!における士業の現状

④Yahoo!タグマネージャーについて

の4点をお伝えしていただきました!

DSC02580

第三講座では船井総研 泰山るみより「最新WEB手法事例」をお伝えいたしました。

①見込み顧客の取り込み・ブランディング

②YDNインフィード事例【債務整理・SP事例】

③GDNリマーケティング事例 【経理代行】

④コンテンツマーケティング

⑤CVキーワード最適化【経理代行】

についてお伝えいたしました!

 

ちなみに・・・

※YDNインフィード広告・・・Yahoo!の新しいスマートフォン用広告

※GDN・・・GoogleDisplayNetwork(バナー広告)です。

 

 

士業のウェブについては勉強会がございますので詳しくは下記をご覧ください!

img_study_201306_01

 

講座の内容については、また障害年金分科会などで別の機会でお伝えできればと思います!

 

以上です!

ここまでありがとうございました。